• リンク
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

トップページへ

特集

斑点米カメムシ類防除対策

斑点米カメムシ類一斉防除のすすめ

斑点米カメムシ類防除のポイント
(1)発生調査
発生時期・発生量を把握する
(2)水田周辺の雑草管理
斑点米カメムシ類の「棲み家」を取り除く
(3)薬剤防除
一斉防除で一網打尽
斑点米カメムシ類調査
《 調査方法1 》

フェロモントラップでの調査

フェロモントラップでの調査

写真:2010年 豊田市

《 調査方法2 》

すくい取りでの調査

すくい取りでの調査

写真:2010年7月 西尾市

調査方法

10往復(20回振り)

すくいとりの向き

愛知県でよく確認される主な斑点米カメムシ

アカヒゲホソミドリカスミカメ

アカヒゲホソミドリカスミカメ

クモヘリカメムシ

クモヘリカメムシ

アカスジカスミカメ

アカスジ
カスミカメ

ホソハリカメムシ

ホソハリカメムシ

ミナミアオカメムシ

ミナミアオ
カメムシ

イネカメムシ

イネカメムシ

シラホシカメムシ

シラホシカメムシ

トゲシラホシカメムシ

トゲシラホシ
カメムシ

対策スケジュール
6月  : 畦畔雑草対策啓蒙活動開始(草刈りorバスタ散布)
6〜 8月  : 調査開始
8〜10月  : 斑点米率調査

業務車にステッカーを添付した啓蒙活動

業務車にステッカーを添付した啓蒙活動

全国の斑点米カメムシ類要防除水準
県名 カメムシ種類 防除水準 調査時期
広島県 カスミカメムシ類 4 頭 出穂期
広島県 ホソハリカメムシ 2 頭 出穂期
福島県 カメムシ類 2〜4 頭 出穂期〜乳熟期
鳥取県 カメムシ類 16 頭 出穂後
栃木県 クモヘリカメムシ 5 頭 穂揃期
岐阜県 アカヒメヘリカメムシ 2.6 頭 中濃穂揃期
岐阜県 アカヒメヘリカメムシ 1.0 頭 東濃穂揃期
兵庫県 カメムシ類 1.5 頭 乳熟期
千葉県 クモヘリカメムシ 18 頭 出穂15日後(早生)
千葉県 ホソハリカメムシ 14 頭 出穂15日後(早生)
千葉県 クモヘリカメムシ 6.7 頭 穂揃期(早生)
千葉県 クモヘリカメムシ 2 頭 穂揃期(晩生)
千葉県 ホソハリカメムシ 11.1 頭 穂揃期(早生)
佐賀県 カメムシ類 5 頭 穂揃期〜乳熟期
宮崎県 カメムシ類 0.8 頭 乳熟期
愛媛県 カメムシ類 1 頭 乳熟期〜糊熟期
カメムシの斑点米発生能力差
カメムシの種類 斑点米発生能力 指  数
アカヒゲホソミドリカスミカメ 0.11 〜 0.50 5
クモヘリカメムシ 0.11 〜 0.50 5
アカスジカスミカメ 0.01 〜 0.05 0.5
イネカメムシ 0.51 〜 1.00 10
ホソハリカメムシ 0.06 〜 0.10 1
ミナミアオカメムシ 0.51 〜 1.00 10
シラホシカメムシ 0.11 〜 0.50 5
トゲシラホシカメムシ 0.06 〜 0.10 1
単純平均 4.7

※1頭の1日あたりの斑点米発生量(粒)(川澤ら、1975)

圃場周辺の雑草管理を行いましょう

雑草はカメムシの「棲み家」です

出穂2週間前までに草刈りや除草剤でカメムシの棲み家をなくしましょう

圃場周辺の雑草管理を行いましょう

カメムシ

畦畔管理のおすすめ除草剤

草枯らしMIC - 低コストで根まで枯らす

バスタ液 - 効き目が早く畦を崩さない

最後の切り札は薬剤防除

最後の切り札は薬剤防除

新しい散布技術(豆つぶ剤)の紹介

「スタークル豆つぶ」で斑点米カメムシ類をしっかり防除!

主な斑点米カメムシ対策剤

平成25年7月10日現在

散布方法 商品名 使用量または
希釈倍数
使用時期 本剤の
使用回数
使用方法
有効成分の総使用回数



粒剤 スタークル
豆つぶ
250g/10a 収穫7日
前まで
3回以内 散布
ジノテフラン:4回以内
(育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内、本田での散布、空中散布、無人ヘリ散布は合計3回以内)
スタークル
粒剤
3kg/10a 収穫7日
前まで
3回以内 散布
ジノテフラン:4回以内
(育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内、本田での散布、空中散布、無人ヘリ散布は合計3回以内)
キラップ
粒剤
3kg/10a 収穫14日
前まで
2回以内 湛水散布
エチプロール:2回以内(移植時までの処理は1回以内)
液剤散布 スタークル
顆粒水溶剤
2000倍 収穫7日
前まで
3回以内 散布
ジノテフラン:4回以内
(育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内、本田での散布、空中散布、無人ヘリ散布は合計3回以内)
スタークル
液剤10
1000倍
(60〜150L/10a)
収穫7日
前まで
3回以内 散布
ジノテフラン:4回以内
(育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内、本田での散布、空中散布、無人ヘリ散布は合計3回以内)
キラップ
フロアブル
1000〜2000倍 収穫14日
前まで
2回以内 散布
エチプロール:2回以内(移植時までの処理は1回以内)
液剤散布
(少量)
スタークル
液剤10
300倍
(25L/10a)
収穫7日
前まで
3回以内 散布
ジノテフラン:4回以内
(育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内、本田での散布、空中散布、無人ヘリ散布は合計3回以内)
無人ヘリ スタークル
液剤10
8倍
(0.8L/10a)
収穫7日
前まで
3回以内 無人ヘリコプターによる散布
ジノテフラン:4回以内
(育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内、本田での散布、空中散布、無人ヘリ散布は合計3回以内)
キラップ
フロアブル
8〜16倍
(0.8L/10a)
収穫14日
前まで
2回以内 無人ヘリコプターによる散布
エチプロール:2回以内(移植時までの処理は1回以内)

※農薬を使用するにあたってはラベルの表示事項を確認してからご使用ください。

※農薬の散布に当たっては、他の作物や周辺環境への飛散防止に努めてください。