賃貸住宅

土地活用

税金対策と賃貸住宅も経営であることを考えた
賃貸住宅をご提案いたします

JAが管理する賃貸住宅だけでも27,000戸。
他社管理も含めれば、これまで数万戸の賃貸住宅をご提案し、建築いただいた実績とノウハウがあります。
建てれば入居が入る時代は終わり、市場調査と入居ニーズを的確に掴んだ賃貸住宅のご提案をいたします。
提携業者も複数あり、業者の直接営業を受けずにJAを通じた比較検討も可能ですので、まずはJAにご相談ください。

賃貸住宅実績

件数

30

棟数

33

戸数

236

※2019年5月~10月までの愛知県下JA賃貸住宅建築キャンペーン累計

住まい手のニーズをカタチにしたJAオリジナルの賃貸住宅

j-couleur

財産ではなく資産、
所有ではなく経営の賃貸住宅です

何十年も活躍する資産となるかは企画次第。時代や市場、ターゲットを見つめ、向かう方向を明確にしなければ事業は成り立ちません。そうした背景から、賃貸住宅の建て方のひとつとしてスタートしたのが、JAオリジナルの「ジェイ・クルール」です。事業創りのひとつとして、ご検討いただければと思います。お気軽にご相談ください。

ジェイクルールパンフレットはこちら

ジェイクルール実績マップはこちら

提携ハウスメーカー

豊富な税務上のメリット

賃貸住宅経営は、各種の税金対策にもなります。
固定資産税であれば、賃貸住宅の建設によって課税標準の特例や、新築住宅に対する減額の特例等が規定されています。また、賃貸住宅を建設することで、更地の評価に比べて固定資産税評価額を大幅に下げることができ、有効な相続税対策になります。その他にも、都市計画税の課税標準額も下げることができます。

検査

6つのステップで 工事検査を実施
工事中の施工検査は、原則的に各住宅メーカーの工事担当者の立会いで実施します。都合がつかず単独検査となった場合は、工事担当者へ明確に指示したうえ、確実に補修いたします。工事中の施工検査の際は、施主様にもヘルメットと作業服をご着用いただくなど、安全面に徹底配慮いたします。
詳しくはこちら

JAあいちアパートメントセキュリティ

安心安全のホームセキュリティがついています。
防犯面から暮らしの安心・安全を追求。愛知県下JA・JAあいち経済連と綜合警備保障の共同開発により誕生したホームセキュリティシステムです。
※一部未導入の物件もあります。

ALSOK(綜合警備保障株式会社)との共同開発による
安心のホームセキュリティシステム

センサーの感知や入居者の通報で、セキュリティのプロがすぐに駆けつけるなど安心の機能が満載。
JAならではの価格も魅力です。

月々の警備料は1,500円(税別)
ご入居者様は月々1,500円(税別)の警備料でサービスが受けられます。

非常通報監視
入居者が身の危険を感じた場合に非常押ボタンで通報できます。

防犯監視(外出警備モード)
入居者の外出時、侵入者をセンサーが検知し警報をALSOKガードセンターへ送信します。

防犯監視(在宅警備モード)
入居者の在宅時、侵入者をセンサーが検知し警報をALSOKガードセンターへ送信します。

音声ガイダンス機能
音声による操作案内で入居者も安心です。

ユニバーサルデザイン
子どもからお年寄りまで使いやすいシンプルな形状と操作性を追求しました。