JAあいち経済連

お問い合わせ

採用情報

  1. TOP >
  2. JAあいち経済連の行動規範

JAあいち経済連の行動規範

JAあいち経済連グループの行動規範(H23.4月改正)

地域農業を振興し、愛知県農業を守り発展させるために行動します。

  • 1営農支援をはじめ、事業活動を通じて、組合員・JAに貢献します。
  • 2JAグループの一員として誠実に行動します。

組合員・JA・消費者の満足と信頼を獲得するために、
社会的に有用な製品・サービスを安全性や個人情報・顧客情報の保護に十分配慮して提供します。

  • 1組合員・JA・消費者のニーズを把握し、社会的に有用な製品・サービスを提供します。
  • 2製品・サービスの安全性と品質を確保します。
  • 3組合員・JA・消費者に対して、製品・サービスに関する適切な情報を提供します。
  • 4組合員・JA・消費者からの問い合わせ等には誠実に対応します。
  • 5個人情報・顧客情報を適正に保護します。

公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。

  • 1農協法・独占禁止法等の各法令の順守につき徹底を図ります。
  • 2機密情報を適正に管理し、知的財産を保護します。また、他者の知的財産を尊重します。
  • 3不当な利益等の取得を目的とする贈答・接待を行いません。
  • 4政治、行政と透明度が高い関係を構築します。

JA・組合員はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、情報を積極的かつ公正に開示します。

  • 1JA・組合員はもとより、利害関係者(事業活動を行う上で関わるすべての人)に対して、適時適切に情報を開示します。
  • 2広報・広聴活動等を通じて、社会との双方向のコミュニケーションを促進します。

従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現します。

  • 1多様な人材が個々の能力を十分に発揮できる人事処遇制度を構築します。
  • 2雇用における機会の均等を図ります。
  • 3安全と健康のため、快適な職場環境を実現します。
  • 4従業員の個性を尊重し、従業員のキャリア形成や能力開発を支援します。
  • 5従業員と直接あるいは職場の代表と誠実に対話、協議します。

環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、組織の存在と活動に必須の要件であることを認識し、行動します。

  • 1事業活動における環境負荷と環境リスクの低減に努めます。
  • 2環境問題の解決に資する技術、製品・サービスの提供に努めます。

地域の社会貢献活動を行います。

  • 1地域社会をはじめ、社会的課題を解決するために必要なパートナーと連携します。
  • 2JAグループや業界団体が実施する社会貢献活動に参画します。

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決します。

  • 1反社会的勢力の威嚇には、警察等と連携して対応します。
  • 2JAグループや業界団体と連携し、反社会的勢力の排除に取り組みます。

経営トップは、本行動規範の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、JAあいち経済連グループ(以下、当グループという)内に徹底するとともに、JAグループや取引先に周知させます。
また、当グループ内外の声を常時把握し、実効ある当グループ内体制の整備を行うとともに、組織倫理の徹底を図ります。

  • 1経営トップは、リーダーシップを最大限発揮し、経営理念・経営基本姿勢や行動規範の明確化、当グループ内への徹底をします。
  • 2経営トップは、経営理念・経営基本姿勢や行動規範の基本姿勢を当グループ外に表明し、具体的取り組みについて情報開示します。
  • 3当グループ全体の取り組み体制を整備します。
  • 4コンプラホットライン(相談窓口)を整備します。
  • 5行動規範に関する教育・研修を実施、充実します。
  • 6行動規範の浸透・定着状況をチェック、評価します。

経営トップは、本行動規範に反するような事態が発生したときには、
問題解決にあたる姿勢を当グループ内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努めます。

  • 1経営トップは常日頃から、危機管理の視点に立って、緊急事態の発生を未然に防止するための組織体制を整備します。
  • 2万一緊急事態が発生した場合には、経営トップ自らの指揮の下、速やかに事実調査、原因究明を行い、当グループとしての責任ある適切な対応方針・施策を打ち出します。

経営トップは、本行動規範に反するような事態が発生したときには、
社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行います。

  • 1社会に対して経営トップ自ら、事実関係、対応方針、再発防止策等について明確な説明を迅速に行います。
  • 2経営トップは、自己責任に基づきその措置を決定・実施します。また、関係行政機関・団体に対して、改善策とその実施状況を報告します。

〈JAあいち経済連グループ 役員・従業員のセルフチェック〉
行動前には、自らの良心に従い、セルフチェックを繰り返します。

自らの行動が、自らの良心に従っているか、少なくとも下記の項目について、セルフチェックを実施します。
判断に迷う場合は、必ず、同僚・指揮命令者に確認します。

  • 1自らの行動が、組合員・JA・消費者の期待を裏切らないか
  • 2自らの行動が、法令・諸規定に違反していないか
  • 3自らの行動が、新聞やテレビに報道されてもきちんと説明できるか
  • 4自らの行動を、家族に正直に話せるか
  • 5自らの行動は、良心に従い、本当に正しいと思うか

<付則>この方針は、当グループの以下の全業務および全階層に適用する。

  • JAあいち経済連
  • JAあいち経済連の関連会社

    1. 東海ローディング株式会社 2. ジェイエイ・トービス株式会社 3. 株式会社ジェイエイ東海エッグ 4. 株式会社JA東海グリーン
    5. 株式会社エーコープあいち 6. 株式会社ジェイエイ東三河ジーピーセンター 7. 株式会社JAハートホームサポート 8. 株式会社JAあいちエネルギー

愛知県経済農業協同組合連合会