JAあいち経済連

お問い合わせ

採用情報

  1. TOP >
  2. あいち産のご紹介 >
  3. あいちの米・麦・大豆

あいちの米・麦・大豆

愛知県の水田では、お米を始め、麦や大豆も生産しており、一年中田んぼが有効利用されています。
近くに大消費地があるため、その多くが県内で消費されており、県下の学校給食でも親しまれています。

あいちのお米

【特徴】
愛知県では、豊富で綺麗な水と温暖な気候を活かして安全・安心な米作りを行っています。また、標高の異なる地域ごとに時期をずらして様々な品種を栽培しています。

レシピ:
新しいウインドウで開きます「あいちのお米を使ったレシピ」

あいち米のおもなラインナップ

大粒で、つやと粘りのバランスが最適
あいちのかおり

愛知県で最も多く作られており、大粒でしっかりとした食感が人気の品種です。食べごたえがあるので、お米料理を作るのにぴったり。

収穫時期:10月中旬

【おすすめ調理法】
寿司などのお米料理

大粒。長径5.5mmと、コシヒカリの約1.1倍です!*
誰もが知っているブランド米の代表格
コシヒカリ

日本で最も多く作られているお米の品種です。
粘り、甘みのバランスが良く、冷めても美味しいのが特徴です。

収穫時期:8月下旬

【おすすめ調理法】
お弁当、おにぎりなど

米粒の色が濃く(濃飴色)、平らな形が特徴的です。*
抜群のつやと、爽やかなのどごし
ミネアサヒ

おもに愛知の中山間地域で栽培されており、「山の幻」とも言われている品種です。つやつやと美しい炊き上がりが自慢です。

収穫時期:9月中旬

【おすすめ調理法】
ぜひ、炊き立てをそのままお召し上がりください

比較的小粒で、胚芽の部分が突出しています。*

* 参考:「図説・米の品種」(発行:財団法人 日本穀物検定協会)

あいちの小麦

【特徴】
愛知県は小麦の生産量が全国5位※の一大産地です。豊かな土壌を有する県内の平野部を中心に、小麦が栽培されています。
※農林水産省「平成25年産作物統計」より

あいち麦のおもなラインナップ

愛知で生まれた、期待のホープ
きぬあかり

平成23年に愛知県で品種登録された日本めん用小麦における期待の新品種です。
もちもちとした食感で、優しいクリーム色の麺を作ることが出来ます。最近ではきぬあかりを使った料理を出すお店や商品も増えてきました。

収穫時期:6月頃
粉のタイプ:中力粉

【主な用途】きしめん、うどんなど

新しいウインドウで開きます愛知県のきぬあかり特設サイト

きぬあかり
名前もおめでたく、お菓子作りにぴったり
イワイノダイチ

九州で育種された品種で、愛知県でも平成9年から試験栽培が始まり、普及してきました。
きぬあかり同様に日本めん用小麦ではありますが、タンパク質がやや低い特性を活かし、ケーキやお好み焼きなどの原料として、幅広く利用されています。

収穫時期:6月頃
粉のタイプ:薄力~中力粉

【主な用途】日本めん、菓子類など

あいちの大麦

【特徴】
愛知県では、大麦の生産も行われています。
押し麦や麦茶の材料として使われる「六条大麦」の栽培が中心です。

収穫時期:6月頃

愛知県産六条大麦100%使用の麦茶も作られています。
コクのある飲みごたえと、すっきりとした後味が特徴です。
提供:福玉米粒麦株式会社

新しいウインドウで開きます「六条むぎ茶」製品紹介ページはこちら

あいちの大豆

【特徴】
愛知県では、大豆の中でも「フクユタカ」という品種がおもに栽培されています。
タンパク質含量が多く、豆腐へ加工するのに適した品種で、甘みのある美味しい豆腐が作れます。

収穫時期:12月頃

  • あいちの園芸 全国屈指の園芸県あいち。あいち産の野菜・果物・花をご紹介します。
  • あいちの畜産・お肉 ブランド畜産物や牛肉・鶏卵の生産情報まで「安心・安全」なお肉や鶏卵の情報をお届けします
  • あいちのお米 ふっくらつやつやあいちのパールライスのご紹介