JAあいち経済連

お問い合わせ

採用情報

ふき

数少ない日本原産の野菜で日本各地に自生しており、平安時代から食用にされていたと言われています。品種は、愛知早生ふき、秋田ふき、水ふきなどの栽培品種に、野生ふきを含めると200種類以上あると言われています。現在栽培されている品種の約7割は、愛知県で生まれた「愛知早生」です。
ふきには雄株と雌株がありますが、現在栽培されているのはすべて雌株であり、受粉能力がなく種ができないため、地下茎の株分けで増殖させています。

ふき

あいち産ふきの旬

あいち産ふきの旬

あいちのふき

愛知県の伝統野菜として古くから親しまれて栽培されており、全国シェアは45%を占めています。
県内では江戸時代から栽培されていた記録があり、主要品種である「愛知早生」は約200年前に知多郡加木屋村(現・東海市)で自家栽培したのが始まりと言われています。「愛知早生」は香り高く、瑞々しい淡緑色であり、葉の伸びが早く、茎が太いのが特徴です。

ふき畑

ふきの成分・効能

食物繊維やミネラルが含まれており、ヘルシー野菜として知られています。
また、ふき特有のにがみは、クロロゲン酸というポリフェノールの一種の成分であり、抗酸化成分として発癌の抑制や老化の防止、動脈硬化・高血圧の予防につながると言われています。

  • 効能
  • 老化抑制効果
  • ガン予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防

ふきの選び方

  • 根本を持ったときにしならないもの
  • 太さが均一なもの
  • 葉の色が鮮やかな緑色でつやが
    あるもの

ふきの保存方法

短期保存の場合
湿らせた新聞紙に包み、冷暗所または冷蔵庫で保存してください。
長期保存の場合
塩茹でしたふきを水をはった密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存してください。

生産概要

共販対象面積(a)
5,270a(平成26年度)
年間出荷数量(t)
2,797t(平成26年度)
主要品種
愛知早生、愛経2号
主要JA
JAあいち知多、JA愛知西、JAあいち海部