JAあいち経済連

お問い合わせ

採用情報

  1. TOP >
  2. あいち産のご紹介 >
  3. あいちの園芸 >
  4. あいちの花 >
  5. アルストロメリア

あいちの園芸

アルストロメリア

アルストロメリアアルストロメリアの原産地は南米で、チリを中心にブラジルやペルーなどに60~100の野生種が分布しています。
ユリ科の植物であり、和名は「百合水仙(ユリズイセン)」です。
オランダで盛んに品種改良が行われ、それらが日本にも導入されて、1980年代以降に国内での生産が本格的に始まりました。
花色が豊富で、色鮮やかなものからパステル調やシックな感じのものまで多彩で、洋花の中でも特に日持ちが良いため、花束やフラワーアレンジに多く利用されています。

アルストロメリア

アルストロメリア

あいち産アルストロメリアの旬

あいち産アルストロメリアの旬

あいち産のアルストロメリア

あいちは全国2位の出荷量を誇っており、主に田原市で生産しています。田原市は太平洋に面し、年間を通して豊富な日照量があるため、その下で栽培されたアルストロメリアは発色が良く、高い市場評価を得ています。

栽培

アルストロメリアが長持ちする方法

茎を潰さないよう、良く切れるはさみやナイフを使い茎を数㎝切った後、すぐに花瓶に活けてください。葉は水に浸かると腐りやすいので、下葉は取り除いてください。1日1回を目安に水を取り換えたり、花屋さんで売っている延命剤を使うと、より長く花を楽しめます。

アルストロメリアが使用される季節の祭事・イベント

  • 妻の日
  • 敬老の日

生産概要

出荷時期
周年
主要JA
JA愛知みなみ