JAあいち経済連

お問い合わせ

採用情報

  1. TOP >
  2. 愛知県の農業

愛知県の農業

「あいちの恵みをみなさまへ」
あいちの恵まれた気候・風土と高い技術力で多様な農畜産物をバランス良く、
安定した品質で生産しています。

7⁄47

47分の7?

この数字は、何を表していると思いますか?
「47」といえば、全国の都道府県数。では「7」は?これ、じつは愛知県の農業産出額の順位なんです(農林水産省平成26年農業産出額及び生産農業所得)。愛知県は、自動車産業を中心とした工業県のイメージが強くありますが、じつは農業に関しても全国有数の地域であり、熊本県、宮崎県とほとんど差のない第3グループを形成する農業県のひとつです。
愛知県の農業の特色のひとつは、ビニールハウスなどを使用した施設園芸が盛んであること。そのため、農家1戸あたりの耕作面積が狭いわりに販売金額が大きく、土地生産性の高い農業を実現しています。

57.9%

○○は、57.9%で日本一?!

農業産出額の部門別構成比をみると、愛知県は野菜・果物・花きといった「園芸品目」の占める割合が57.9%と、上位7道県の中で最も多くなっています(平成26年)。このほか、東三河地域を中心に肥育された高品質なブランド肉「みかわ牛」「あいち牛」、「みかわポーク」を生み出した畜産や、安心・安全なお米づくりを実践する稲作などもバランスよく生産しており、品目・品種共に多様であることがあいち産の特徴です。

愛知県は園芸の占める割合が最も多く57.9%

※農林水産省 平成26年農業産出額及び生産農業所得より作成 ※ラウンドの関係で合計が一致しません。

25+

トップ10ランクインが勢ぞろい

あいち産農畜産物の産出額は、日本一を誇る花の多くの品目をはじめ、野菜ではキャベツや大葉、畜産物でも採卵鶏など、トップ10にはいる品目が勢ぞろい!その数は25品目以上に渡ります(平成25年)。

  • №1 キャベツ
  • №3 トマト
  • №3 スナップエンドウ
  • №3 カリフラワー
  • №4 ブロッコリー
  • №5 柿
  • №1 いちじく
  • №4 採卵鶏
  • №1 菊
  • №1 バラ

※資料提供:愛知県農林水産部

気候と水に恵まれた農業県

愛知県は一年を通じて比較的温暖な気候と、豊かな水資源に恵まれた農業に適した県です。古くから、木曽川、矢作川、豊川の豊かな水を利用した大規模な農業用水が開発されてきました。これらの用水が平野部をはじめ、水不足に悩まされていた半島へも水を導いたことで愛知県農業は飛躍的な発展を遂げました。現在では、決して広くない耕地面積から、全国でも有数な農業産出額を誇る農業県となっています。

新鮮な農畜産物を全国へ

日本の中央に位置する愛知県は、中京はもちろん、京浜・阪神といった3大都市圏への陸路アクセスが良いという地域性を持っています。
新鮮な農畜産物を全国の皆さまのもとへ。そして食卓に。多くのあいちの恵みをお届けしています。

愛知県から全国各地にお届けします。

作目別産出額の順位(農林水産省 平成25年作物統計)

  • 農業産出額第7位3,084億円
  • 野菜第5位1,102億円
  • 果実第12位175億円
  • 第1位571億円
  • 肉用牛第19位89億円
  • 乳用牛第7位220億円
  • 第10位228億円
  • 鶏卵第8位204億円
  • 第20位310億円