節分はいつ?
2月3日は節分、そして4日は立春です。現在は、立春の前日のことを節分とよんでいますが、 節分という言葉は、”季節が分かれるとき”という意味で1年に4回ありました。(本来は立春、立夏、立秋、立冬などの前日はすべて節分ということになります。)

節分の行事はなんのため?
もともとは中国から伝えられた習俗です。
春を迎えるにあたって邪気や災難を払い、新しい年の福善を願うものです。
春を呼ぶ行事でもあります。

豆まき?
豆まきでは年男(その年のえとの生まれの男性)または一家の主人が「福は内、鬼は外」といいながら煎った大豆をまき、みんな自分の年の数だけ豆を食べる(または歳の数+1を食べる)と1年病気にならないと言われています。

なぜ、豆をまくのでしょうか?
穀物や、果実には「邪気を払う霊力」があると考えられており、豆を蒔くことで豆の霊力により邪気を払い、福を呼び込むと考えたといわれています。

イワシの頭?
「鰯(いわし)の頭も信心」などといわれる鰯の頭を焼いて、ヒイラギの枝に刺し、家の入り口に差す風習があります。これも節分の日。これは鰯の頭の悪臭で、邪気が家に入るのを防ぐという意味があります。「邪気」も悪臭は苦手!?


日本の歳時記インデックスへ