「お盆」の由来は?
盂蘭盆(うらぼん)のこと。逆さ吊り、はなはだしい苦しみ、という意味の梵語(サンスクリット語)の音からできた言葉とされていますが、違う説もあります。大乗経典の「盂蘭盆経」にある目連説話---
餓鬼道に落ちた母を救うために目連が仏に手段をたずねたところ「7月15日に飲食を盆にもって、仏や僧や大勢の人たちに供養すれば、その功徳によって、多くのご先祖が苦しみから救われ、今生きている人も幸福を得ることができよう」と教えられた---
に基づいたもの、といいます。

お盆の日取りは?
一般的には8月13日から16日にかけて行われていますが、本来は7月15日なのです。
元々当然旧暦の7月15日に行っていた行事なので、新暦の7月15日にしようとすると、お盆らしくない時にお盆になってしまいますし旧暦でやるのは新暦で生活している一般の人には不便(七月の農繁期を避けるなどの理由)なので、妥協策でいわゆる「中暦」を適用し、新暦で1月遅れの8月15日にお盆の行事をやっているのです。

お盆の主な行事は?
迎え火 家庭の玄関先で、折った苧殻を井ゲタに積んだものに火をつけて燃やします。先祖の霊が迷う事のないようにという習わしです。
墓参り
お盆の一週間前にお墓に参って掃除をする所が多いようです。迎え火と一体化している地方もあります。
盆だな
精霊棚
家庭の仏壇・仏具を清め、仏壇の前に精霊棚を設けます。精霊棚は一般に小机の上に真菰(まこも)のゴザを敷き、花、季節の野菜や果物、菓子、故人の好物などを供えます。地方によっては水の子やあかみずもいっしょに供えます。また、キュウリの馬やナスの牛も先祖の霊がこの世との往復に使う乗り物として供えられることがあります。
盆提灯
精霊棚の左右に、先祖の霊へ目印として飾ります。
盆踊り
盆踊りは仏教行事なのです。
室町時代の初め、お盆に帰ってきた先祖の霊を慰めるために鐘や太鼓をたたいて念仏を唱えながら踊るようになったものが、娯楽的なものへと変わって行きました。
棚経 お盆にはお寺の坊さんが檀家を回ってお経をあげて回ります。
送り火 盆の終わりには送り火をしてご先祖様をあの世へ送り出します。京都の大文字などはこれが大規模になったものです。この変形で近年よく行われるのが灯籠流しです。


日本の歳時記インデックスへ