JAあいち経済連

お問い合わせ

採用情報

  1. TOP >
  2. あいち産 大地の恵み >
  3. あいちの果物

あいち産 大地の恵み

愛知県では、海抜0m地帯から700mの山間地域において、
多様な自然条件や名古屋市など大消費地が近いという地理的条件を活かし、
それぞれの地域で特色ある農作物・畜産物が育まれています。

  • 野菜
  • 果物
  • 花
  • 牛肉・豚肉・鶏卵
  • 米・小麦・大麦・大豆

あいちの果物

愛知県ではハウス・温室を用いた施設栽培や、露地栽培によって果物を栽培しています。
愛知県は生産量が多いだけでなく、日照量、温湿度、水など生産管理を徹底することで品質の高い果実を生産しています。
また、品目ごとに栽培方法の組み合わせで長期間にわたり出荷できるのも特徴です。

いちご

【特徴】
愛知県は全国でも有力ないちご生産県の一つで、県内一帯に産地があります。産地によって栽培される品種が異なるため、様々な品種を楽しむことができます。主な品種はとちおとめ、章姫、紅ほっぺ、ゆめのかになります。

主要産地:
JA西三河、JAひまわり、JAあいち海部、JA豊橋、JAあいち三河
出荷時期:
11月~5月
レシピ:
新しいウインドウで開きます「新玉ねぎと小エビのサラダ~いちごドレッシング~」
出荷量 全国No.6

品種ラインナップ

とちおとめ

果実が大きく、食味が良いことが特徴です。

章姫

長めの果実で、酸味が少なくあっさりした甘さが特徴です。

紅ほっぺ

コクがあり、酸味と甘みのバランスがいいのが特徴です。

ゆめのか

愛知県が開発した品種です。ジューシーですっきりした甘さが特徴です。

いちじく

【特徴】
愛知県は出荷量全国1位のいちじく生産県です。
花を咲かせずに実を結ぶことから漢字で「無花果」と書きますが、外から見えないだけで花は果肉の中にあります。痛みやすい果物のため、果実の温度が低い早朝に収穫するとともに、すぐに急速冷蔵を行い品質の高いいちじくを出荷しています。

主要産地:
JAあいち中央、JAあいち知多、JAひまわり、JA西三河
出荷時期:
4月~10月
レシピ:
新しいウインドウで開きます「シーフードのカルパッチョ~フレッシュいちじくソース~」
新しいウインドウで開きます「スペアリブのいちじくソース」
出荷量 全国No.1

なし

【特徴】
愛知県では、様々な品種を組み合わせて栽培しており、長期間の出荷を実現するとともに、様々な特徴を持ったなしを楽しむことが出来ます。

主要産地:
JAあいち中央、JAあいち豊田、JA西三河
出荷時期:
8~10月(品種によって出荷時期は異なります。)
レシピ:
新しいウインドウで開きます「大根入り肉団子と梨の甘酢あん」

品種ラインナップ

幸水(こうすい)

出荷時期:
8月頃

お尻が大きく凹んだ形が特徴。果肉は緻密で甘みが強い品種です。

豊水(ほうすい)

出荷時期:
8月下旬~9月

果汁が多く、程よい酸味があり濃厚な味の品種です。

あきづき

出荷時期:
9月頃

果肉が緻密であり、甘みが強く、ジューシーな品種です。

愛宕(あたご)

出荷時期:
11月~12月

大きいものは幸水の6倍以上の2kgを超える日本一大きな品種です。

かき

【特徴】
かきは非常に多くの種類をもつ果物で、1,000種類を超えるとも言われています。
愛知県ではその中でも「次郎柿」と「筆柿」の栽培が盛んで、ともに全国一の生産量を誇っています。

主要産地:
JA豊橋(次郎柿)、JAあいち三河(筆柿)、JA愛知東(次郎柿)
出荷時期:
10月~11月(次郎柿)、9~10月(筆柿)
出荷量 全国No.5

品種ラインナップ

次郎柿

出荷時期:10月~11月

愛知県は全国1位の「次郎柿」の出荷量を誇ります。固めでシャキッとした独特の歯ごたえがあり、甘みにコクがあることが特徴です。

筆柿

出荷時期:9月~10月

「筆柿」も全国1位の生産量です。カリッとした歯ごたえとお菓子の『柿ピー』にそっくりな種が特徴です。光センサーを使って選別することで、甘柿のみを出荷しています。

  • もも 収穫量 全国No.8
  • ぶどう 収穫量 全国No.8
  • メロン 出荷量 全国No.7
  • みかん 出荷量 全国No.9
  • すいか

資料提供:愛知県農林水産部(平成27年3月調べ)

  • 園芸王国あいち あいちの野菜・果物・花の情報満載
  • あいちのお肉 食卓に「安全・安心」なお肉をお届け
  • あいちのお米 ふっくらつやつやパールライスのご紹介