JAあいち経済連

お問い合わせ

採用情報

ちくさんお役立ち情報

知っておくといろいろ便利で役立つお肉やたまごに関する情報をご紹介いたします。

牛肉の部位紹介

お肉の特徴や向いているお料理などをご紹介します。

部位によって肉質に大きな差。料理にふさわしい肉を知る!

牛肉料理は、どの部位を使うかで、舌触りや味わいに大きな差が出ます。各部位の特性をよく知って、その持ち味にあった調理方法を選ぶこと、あるいは、つくりたい料理にふさわしい部位を選ぶことが大切。これが牛肉をおいしく食べるための第一歩です。

ネック
よく動かす部位なので赤身が多く、ゼラチン質も豊富。
筋が多くかための肉質で煮込み料理に使うほか、挽肉や切落しにも利用されます。

肩ロース
やや筋が多めですが、やわらかく適度に脂肪がのっており、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉、ステーキに向きます。

かた(うで)
ややかためで切落しやシチュー・カレーに向きます。端のミスジと呼ばれる稀少な部分は細やかなサシが入っており、上質な焼肉として人気があります。

三角ばら
サシが入りやすくばらの中でも最も濃厚で、特上カルビとして人気のある部位です。

ブリスケット
サシは少な目で肉質はかためですが、切落し、薄切り、煮込み用に利用されます。

すね
前足と後足のふくらはぎの部分で、筋が多くゼラチン質が豊富です。長時間煮るとやわらかくなるのでシチュー用に人気。だしをとるのにも最適の部位です。

リブロース
最も霜降りが多く肉質が良い部位で、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ、ローストビーフなどの肉そのものを味わう料理に向きます。

ともばら
腹の三枚肉の部分で、脂と肉のうまみが重なって濃厚な味わいです。カルビ焼肉のほか、シチューやポトフにも適します。

サーロイン
筋肉が少ないため、きめが細かくやわらかい最高の肉質。外側の脂肪にうまみがあります。ステーキに最適で、ローストビーフ、すき焼き、しゃぶしゃぶにも適します。

らんぷ(らんいち)
サーロインに続く腰から尻にかけての部位。適度な脂肪のある大きな赤身。やわらかくうまみがあるので、ステーキやソテー、たたきなどに使われます。

ヒレ
きめが細かく最もやわらかい最高部位。脂肪が少ないので、ステーキやビーフカツなどの焼き物や揚げ物に最適です。

うちもも
赤身の大きなかたまりで最も脂肪が少ない部位です。ステーキやローストビーフのほか煮込みなどにも幅広く使えます。

そともも
ももの中で一番動かす筋肉で、脂肪が少なくきめが粗くかための肉です。肉自体にコクがあるので、カレーやシチューなど煮込み用の角切りやすき焼き用の薄切りにも適しています。

しんたま
きめが細かくやわらかな赤身です。ステーキ、焼肉、ローストビーフのほか、すき焼き、しゃぶしゃぶ、たたきなどにも幅広く利用されています。
  • あいち産 畜産・お肉
  • 牛肉部位紹介
  • 豚肉部位紹介
  • たまご一口メモ