商品紹介

j-couleur

住まい手のニーズをカタチにした
JAオリジナルの賃貸住宅です

住まい手の理想に対応した
自由設計のアパート

周辺環境・競合物件・実際に想定される入居者ターゲットをしっかり調査・分析をして、外観や間取は事業性をしっかり確認して企画をスタート。軸組工法の木造商品ですので、住まい手のあらゆる要望に完全自由設計で対応します。長期的な賃貸経営を考えるために、企画を練り上げる時間を大切にします。

J-couleur実例

もっと見る

3つのタイプで柔軟に対応

共同住宅タイプ

メリット
立地や敷地の効率をにあわせて、あらゆる部屋・大きさをカタチにできます。主に新婚やDINKSをターゲットにする地域には、共同タイプでの事業計画を考えると効果的と思われます。
デメリット
1階は防犯面の不安から敬遠されがち。建物の防音対策が取られていても上階からの騒音は懸念され、2階と比べて家賃が安くなる傾向にあります。
  • オーキッド(東海市)

戸建てタイプ

メリット
将来的な遺産分割や相続時に土地・建物をあわせて売却することが可能。
共同住宅のように上階や隣戸間の騒音を気にせず、ライフステージが変わっても長く住み続けることができます。
共同住宅と比較して投資額が低く、戸当たりの利回りがいい。
デメリット
敷地形状や接道の関係から、効率のいい土地活用ではない場合があります。
戸数が少ないため、空室になったときのリスクが高くなる。
各戸に上下水やガスを引き込むので、諸経費がかかります。
  • シュロス三ツ井(一宮市)

共同住宅と戸建ての混在

  • 敷地形状や市場調査から、共同住宅と戸建賃貸を併用することで、互いのデメリットを補完できる場合があります。
    特に大きな敷地で共同住宅ばかりを配置するより、あらゆる入居者ターゲットを想定し、戸建タイプと混在させることで、土地活用としてのリスクを軽減する可能性があります。

メニュー