産地紹介 尾張

JAあいち海部れんこんセンター

部会人数:海部れんこん組合 203名、海部ハウスれんこん部会 14名、海部ロータス研究会 92名
生産品目:れんこん(備中、ロータスホワイト)
栽培面積:170ヘクタール
出荷数量:2,400トン
出荷時期:周年

部会事務局:JAあいち海部れんこんセンター

歴 史

それまで集落単位のグループ出荷であったが、平成7年にJA海部のれんこんセンター(共同選果場)が完成したのを期に「海部れんこん組合」が作られました。「海部ハウスれんこん部会」および「海部ロータス部会」はそれぞれ集落を超えた栽培方法別の生産グループで、それぞれ昭和54年、平成3年に作られました。

部会活動

各部会では、生産者の代表による役員会を設置して、各役員会は、出荷規格・品質検査・販売促進とれんこんの共選・共販の方向性を決定する機関となっています。

品目特徴

・海部のれんこんは木曽川の低湿地帯に位置する愛西市を中心に栽培されています。
・低湿地帯の経済作物として、大正から昭和にかけ栽培が少しずつ増えました。
・特に昭和45年以降の稲作転換作物の推進により急増し、ピーク時には444ヘクタールと、全国でも有数の産地となりました。
・一般的にれんこんは洗ったものが出荷されていますが、海部のれんこんは、鮮度を保つため土付きの状態で出荷しています。
・この部会では主に「備中」「ロータスホワイト」の2つの品種を栽培しています。



愛知県経済農業協同組合連合会 園芸部 愛知県豊橋市西幸町笠松111 〒441-8113 TEL 0532-47-8225 FAX 0532-47-8247